建設業許可とは(事業者の方向け)

建設業法の定める建設業の業種は2種類の一式工事27種類の専門工事に分類されています。

建設業における業種

①土木一式②建築一式③大工④左官⑤とび・土木・コンクリート

⑥石⑦屋根⑧電気⑨菅⑩タイル・れんが・ブロック⑪鋼構造物

⑫鉄筋⑬舗装⑭しゅんせつ⑮板金⑯ガラス⑰塗装⑱防水⑲内装仕上

⑳機械器具設置㉑熱絶縁㉒電気通信㉓造園㉔さく井㉕建具

㉖水道施設㉗消防施設㉘清掃施設㉙解体

2種類の一式工事と27種類の専門工事に分類される建設業ですが、
許可取得の大まかな要件としては、

メモ

一 財産としての資金が一定額以上あるか
一 常勤の役員が建設業の経験が一定の年数あるか
一 建設業を営む各営業所にその専門工事の専従の技術者が置かれているか

 

では、許可の必要な対象工事というのはどんな条件なのか、


基本的には「請負金額が材料費含んだ税込500万円以上の工事」です。

29業種のうち②建築一式工事の場合は
「請負金額が材料費含んだ税込1,500万円以上の工事」かつ木造の場合は「150㎡以上の延床の住宅工事」です。

逆に言うと、500万円未満の工事(建設一式工事の場合は1500万円未満)は許可不要ということです。

細かい内容については、別ページで紹介させて頂きます。


建設業許可「一式工事」とは

一式工事とは 一式工事は、29業種の工事許可業種 のうち、「建築一式工事」と 「土木一式工事」に分かれます。 他の27業種とは違い、 言葉のとおり「一式」の工事です。 また、建築一式工事の場合、 許可 ...

続きを見る

解体工事を請けるには登録が必要です

建設業には、29業種の許可が存在します。 許可を必要とする工事は簡単に説明すると 請負金額が税込み500万円以上の工事です。 しかし、「解体工事」は税込み500万円未満の工事 であっても“登録”がされ ...

続きを見る

-建設業
-,